西宮市 歯科 歯医者ケイ歯科クリニック|甲東園駅からすぐの歯科医院

ネット診療ご予約

西宮市 歯科 歯医者ケイ歯科クリニック

0798-31-0418

マウスピース型矯正装置を使った「インビザライン治療」は、矯正治療中の見た目や痛みなどのお悩みを解消する新しい矯正治療として注目されています。
これまで、お仕事上、目立つ装置を装着することができずに治療をためらっていた方でも、始めやすい治療法です。
手軽に始められる矯正治療だけに、「治療後に簡単に元の歯並びに戻ってしまうのでは?」と考える方もいらっしゃるようです。
お金と時間をかけて矯正治療を行ったのに、元の歯並びに戻ってしまうことは避けたいですよね。

結論から申し上げますと、インビザライン治療だから歯並びが元に戻りやすいということはありません。
ただし、ワイヤー矯正でもマウスピース矯正でも、歯並びが元に戻る可能性はあります。
もちろん、インビザライン治療も同様です。
ここでは、インビザライン治療後も歯並びをキープするために大切なことをお話しします。

歯が元の歯並びに戻ろうとする理由

矯正治療によって正しい位置に並んだ歯が、少しずつ動いて元の歯並びに戻ろうとすることを「後戻り」といいます。
じつは、矯正治療に関係なく、私たちの歯は常に少しずつ動いたり形が変わったりしています。
むし歯や歯周病が原因でかみ合わせに変化があると、歯の位置も少しずつ変わっていくのです。

矯正治療では、歯を時間をかけて本来の位置に動かします。
歯と骨の間には歯根膜というクッションのような役割を担っている組織があり、歯に力が加わることで圧迫された側の骨が少しずつ吸収されて、反対側にできたすき間に骨が新しく再生されます。
骨が吸収と再生を繰り返すことで、少しずつ歯が移動していくのが歯列矯正の仕組みです。
骨が固定されるまでには時間がかかるため、治療後は歯が動きやすいのです。

また、歯は元の位置に戻ろうとする性質があります。
そのため、矯正治療が終了した後、正しい位置をしっかりと記憶させて、歯を支えている骨をしっかりと固定しなければいけないのです。

治療後の保定期間が大切です

治療後に一定期間、「リテーナー」とよばれる保定装置を装着することで、歯並びを安定させて後戻りを防ぐ効果が期待できます。
インビザライン治療だけではなく、ワイヤー矯正も同じように保定装置を装着します。

保定装置は矯正治療中に使用したマウスピース型矯正装置と使い方はほとんど同じです。
インビザライン治療を終えた方は、マウスピースの扱いにも慣れているため、保定装置の装着もスムーズに行える方が大半です。
ワイヤー矯正を行った方の中には、マウスピースの扱いに慣れていないため、装着時間を守ることが難しかったり、装着することをやめてしまったりする方もいらっしゃいます。
装着時間をしっかり守ってリテーナーを装着していると、後戻りすることはほとんどありません。
けれども、装着していない時間があったり、決められた時間を守っていなかったりすると少しずつ後戻りするリスクが高まります。
一般的に保定期間は2〜3年必要とされています。
期間中は、食べたり飲んだりするとき以外は、リテーナーを装着していただくのが基本です。

インビザライン後に後戻りが起こる理由

とはいえ、次のような理由で後戻りが起こる可能性があります。

歯並びに影響を及ぼすクセがある

歯並びは遺伝で決まっていると考えている方が多くいらっしゃいます。
けれども、日常的なクセや習慣が歯並びに影響を与えているのです。

といった習慣やクセがある方は、歯並びを悪くする原因となっている可能性があります。
矯正治療中に、このようなクセを治すようにトレーニングを行いますが、改善されないまま治療を終えてしまうと、治療後の後戻りの原因になりかねません。

歯周病を患っている

矯正治療中に注意したい病気の一つが「歯周病」です。
歯周病は、歯垢(プラーク)に含まれている細菌による感染症です。
細菌によって歯周組織が炎症し、重症化すると歯を支えている骨が溶かされて歯が抜け落ちる恐れがあります。
骨が溶かされることで歯列の不安定さが増し、後戻りが促される恐れがあるため、適切なケアでしっかりと歯周病を予防しましょう。
日本では、歯周病は国民病とされていて、25歳をすぎると3割以上の方に歯周病の症状がみられます。
(参考:厚生労働省「令和4年歯科疾患実態調査の概要」より

歯周病を予防するには、「毎日の歯磨き」と「定期的な歯科でのクリーニング」が大切です。
毎日がんばって歯磨きをしていても、すべての汚れを落とすことは困難です。
歯科のクリーニングでは、歯磨きで落としきれない汚れを、専用の機器と薬剤を使用して徹底的に除去します。

後戻りしていると感じたらどうすればいい?

保定期間中に、保定装置がきつく感じたり、浮いているように感じたりしたときは、後戻りが始まっている可能性があります。
また、保定期間が終わったあとでも後戻りしていると感じたら、できるだけ早くご相談ください。

後戻りが軽度な場合は、保定装置を装着することで、後戻りの改善が期待できるケースもあります。
後戻りの程度が大きい場合は、これまで使っていた保定装置は使えない可能性が高いでしょう。
再度インビザライン治療を行う必要がありますが、後戻りの程度によっては、矯正治療にかかる期間は初回よりも短くすむケースがあります。

治療後の後戻りが心配な方は「ケイ歯科クリニック」にご相談ください

インビザライン治療だから後戻りしやすい、ということはありません。
インビザライン治療でもワイヤー矯正でも、後戻りすることはあります。
後戻りは、保定装置を正しく装着できていない場合や歯並びに悪い影響を与えるクセがある場合に起こりやすいとされています。
矯正治療が終了したら、指示通りにリテーナーを装着して歯並びを安定させましょう。

また、歯並びに影響するクセは、できるだけ早く改善することも大切です。
定期的に歯科を受診することで、後戻りに気付くだけでなく、歯並びを悪くするクセやむし歯・歯周病などの病気を早期発見することも可能です。

後戻りは、しっかりと対策すれば防ぐことができます。
インビザラインで整えた歯並びを保つためには、専門の知識を持つ歯科医師の指示のもと保定をしっかり行うことが大切です。

当院の院長は、アライン・テクノロジー社公認インビザプラチナドクターです。
「インビザプラチナドクター」の称号は症例数500以上という実績を積んだ歯科医師にのみ与えられます。
インビザライン治療において、すぐれた技術や正しい知識、そして確かな実績があると認定された歯科医師の証です。
インビザライン治療をお考えの方は、アライン・テクノロジー社より認定された当院へ、ご相談ください。

西宮市の「ケイ歯科クリニック」は、阪急今津線「甲東園」駅から徒歩7分、阪急今津線「仁川」駅から徒歩10分と最寄り駅からも近く、定期的な通院も負担を感じにくい歯科医院です。
また、駐車場も完備していますので、お車でのお越しも便利です。
土曜日は16時まで、平日は19時半まで診療しています(2023年11月現在)ので、お忙しい方もご都合のつく時間帯を選んでご来院ください。


西宮市 歯科 歯医者 ケイ歯科クリニック|インプラント、矯正歯科など対応の甲東園駅からも近い歯医者
診療科目一覧

西宮市 歯科 歯医者 ケイ歯科クリニック|インプラント、矯正歯科など対応の甲東園駅からも近い歯医者

診療案内

ママとこどものはいしゃさん
インビザライン

アクセス&診療時間
西宮市にある甲東園駅近くの歯科医院(歯医者)ケイ歯科クリニック

Google Mapへ(タップ)
インフォメ-ション
スタッフ募集中

Site Map